凡夫の手記

日々、感じた思ったことなど

ボルダンスキー展行って来た感想

最後の週末ということもありわりと賑わっていました。前情報全くない状態で行った感想はあんなに死、不安、悪夢のようなものを全面に押し出したアーティストがいたんだなという感想。

 

画質の荒い大量の顔写真や子供の夢に出てくるようなポップな悪魔や骸骨(アンパンマンに出てくるホラーマンのよう)は原始的な恐怖や不安を煽り、心臓の拍動と共鳴して点滅する電球の点滅や変化する自画像は作者自身の強烈な老いと不安を感じられずにはいられない。作者は子供の顔写真を多用するがそこに若々しさなどは感じられず、むしろこれから失っていくものの多さを我々に示すようだ。作者は胎児は全てを知っているが誕生と共に全てを忘れるというユダヤ教の思想に賛同している。それゆえにこのような表現となるのだろう。https://bijutsutecho.com/magazine/special/promotion/20001

 

このような退廃に襲われるが、撮影可能エリアへと移行すると少し毛色が変わってくる。今までは鬱屈とした死、不安を煽るが、この先は仏教的価値観で言うならば三途、地獄、来世が待っている。まずは幽霊の廊下の先にそびえるぼた山。いくつもの黒い衣服が積み重なり、1つの何かを形成しているようだ。展覧会の案内藁半紙を見ると、作者にとって衣服は主体を表しているようだ。つまり1つ1つの衣服は1人1人の人間を表す。光に照らされるそれは蜘蛛の糸に縋る罪人のようにも見える。
f:id:bonbunosyuki:20190902011811j:image

 

個人的に一番刺さったのがアニミタス(白)。カナダの雪原に刺さったいくつもの鈴がぶら下がった細枝が映し出される映像は、これCGで作った方が楽じゃない?という思うほど幻想的、夢的、ゲーム的で面白かった。

f:id:bonbunosyuki:20190902012050j:image

 

クジラとコミュニケーションを取りながら来世に行くと、見える黄金の海。地獄巡りからの極楽浄土かな?と思えたが、これはこれで幻想的で長い間みていた。

 

展覧会を通じてまず雰囲気作りが良かった。薄気味悪さ、夢らしさを演出するため冷房はかなり効いていたし、「考えるな、感じろ」系なので作品横にキャプションを載せず、案内用の藁半紙に載せたりなど、ボルダンスキーの雰囲気にはかなり合っていたように思う。ただし、導線ごとの作品紹介順ではなく、時系列ごとの作品紹介順で記載してあったため、観覧者が迷う点、展覧会の挨拶のボードが気づきにくい、見づらい場所にある点はうーんとなったが。

 

総じて、彼の世界観は完成度の高い子供時代の悪夢のようであり、良く言えばノスタルジックな非日常に浸り、恐怖に怯え謙虚になれた。面白かったので今後も追っていきたい。

 

 

 

 

 

平成に生まれ平成を過ごした僕ら

もうすぐ平成が終わる。僕は平成生まれ平成育ちで、所謂ゆとり世代やさとり世代などに該当する。僕が感じた平成最大の変化は携帯の発達だろう。

 

僕がネットに初めて触れたのは小学生の頃だった。windowsXPにダイヤルアップ接続で個人のゲーム攻略サイトを徘徊し、テキストサイトの影響を受けた面白おかしい文章にげらげら笑っていたのを覚えている。youtubeなんて外国の動画しかほとんどなかったし、そもそも見るのに再生時間と同等かそれ以上の時間待たなければならなかった。中学生になるとクラスの携帯所有率は2割ほどで、過保護な親が買い与えたか、ミーハーな子供がねだって買って貰ったかのどちらかであった。高校生になると携帯所有率は5割ほどとなり、クラスの1人か2人くらいがスマホ(ipone 3G)を持ち、当時の3大SNSであるモバゲー、グリー、ミクシィで、気になるあの子のプロフィールページを足跡をつけずに見ることはできないか調べていた。クラスでは怪盗ロワイアルやら釣りスタだとかひたすら決定または5ボタンを連打するポチゲーが流行り、パケット代として数百万請求されることが社会問題となっていた。そして、大学生になり自分も初めてスマホを持ち、ソーシャルゲームをするようになった。

 

こんな学生時代を送っていたが、こんな学生時代で良かったと思っている。思春期は何かと誰よりも強くなろうだとか、誰かから認められようだろうだとか背伸びをしたがる時期だ。今だとtiktokで数多くの中高生が上にいくためしのぎを削ったり、バイトでの悪ふざけをSNSにあげ炎上したりしている。僕らは思春期に津波のように急速に押し寄せた携帯とネットの普及から逃げ切れた最後の世代だと思っている。もし、今ほどネットが普及した時に思春期を迎えていたら僕の性格はさらにひねくれたものになっていただろう。

 

例えば僕が一念発起してスケボーを上手くなろうと思ったとする。そして、上手くなるため先駆者を頼るだろう。昔や田舎なら先駆者を探すのに苦労するかもしれないが、今なら簡単にyoutubeで上手い人の動画を見ることができるようになった。しかし、これは僕個人の性格もあるのだが、そういった動画を見るたび自分もこうなりたいという憧れや羨望より、自分はこうはなれないだろうという諦めや失望の方が強く感じてしまう。雲の上の人すぎるのだ。こうして、挑戦する前から諦めてしまう。このような苦労することなく世界を知ったつもりになっているためさとり世代と呼ばれているのでは思ったりする。井の中の蛙は大海を知らないからいきいきとしていられる。だけどネットによって井戸を昇る苦労なく海を知り、海があるからこそ井戸から羽ばたいていく他の蛙を横目に見ながら、残された蛙は何を思うのだろう。きっとナンバーワンよりオンリーワンだとか多様性を認めろと声をあげたり、井戸の底に潜り、狭いコミュニティで自分がナンバーワンになれる場所を探し求めたり、どうせ成功しないと努力する蛙を嘲笑ったり。

 

駅のホームでも車内でも皆うつむいてる。スマホを触りゲームやSNSをやっている。その液晶の先は狭い世界なのだろうか、広い世界なのだろうか。

 

 

 

就活のやる気がない人へ

今日3月1日、平成最後の就職活動が名目上開始する。

 

私は今年大学院を卒業する一学生だ。

就活でそれなりに苦労し、このブログを立ち上げたものの卒論などで忙しく、

書く暇と意欲がないまま、一年が経ってしまった。

 

後輩たちを見ていると、webテスト対策ばかりやり、ESはほとんど書かずに

漠然と「大手に行きたい」や「楽で給料がいいところに行きたい」と言っている。

 

田舎ではこの危機感のなさが普通というか仕方ないことだとは理解はするが、

そんな後輩への思うところ、また自分自身への戒めのため今回筆を執ってみた。

 

就活を「面倒くさい」とこぼす君に、伝えたいことはこの2つだけだ。

就活は卒業者に対し平等に与えられた最後の自己実現のチャンス

・あなたの職業選択の自由は、あなた自身しか責任を持つことはできない

 

あなたは何になりたい、どうしたい

幼い頃の夢があるならば思い出してほしい。

パン屋さん、ケーキ屋さん、消防士、警察官、電車の運転手、ゲームプログラマー、スポーツ選手...等の夢があったかもしれない。

そのうち、野球選手になりたいがために野球教室に入ったものの、周りとの力の差を身に染みて、いつしかその夢を忘れるようになったかもしれない。そんな経験を繰り返し、夢の存在が自分を傷つけ、夢を持つことを辞めたのかもしれない。

 

でも、思い返してほしい。

あなたの夢の中で挑戦せずに夢だけ忘れてしまったものはないか。

今から野球選手にはなれないと思うが、警察官や電車の運転手ならばなれるかもしれない。

 

ありがたいことに日本の新卒就活は若さやポテンシャル、会社とのマッチを高く評価してくれる。だから、場合によっては経験をともわずとも採用していただけることがある。(パン屋さんになりたいのに今までパンを作ったことがありませんなどは除く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢なんてないというあなたに聞きたい。ならば、

何故、何のために働くのか。

どんな環境で働きたいのか。

将来、どんな暮らしをして、どんな風に死にたいのか。

のような抽象的な、哲学的なことを考えてみてほしい。

 

例えば、企業を選ぶ要素として、給料・休暇日数・福利厚生・職場環境・業務内容・会社の知名度離職率...等がある。

なぜ、その要素を重視したのか根本的に考えると、上記のように抽象的なことに行きつくと思う。そして、なぜそこに行きつくのかよくよく考えるとその人のバックグラウンドを反映していることが多い。

例えばでいうと、家が貧しいからお金を稼ぎたいだとか、親からあまりかまってもらえなかった過去があるから家族の時間を大切にするため休暇や福利厚生を気にするという具合だ。こんな風にネガティブでなくとも、家族は私をよく可愛がってくれた、だから私も家族を大切にしたいから休暇や福利厚生を気にするでもいい。

 

このようなバックグラウンドを私は持っている。その点について御社では満足して働けると思うので働きたい。  

と言えばそれはもう立派な志望理由だ。

それこそがあなたの軸だ。

その調子でいくつかの会社を回っていき、適切に自分の価値をアピールして、その価値を会社が買ってくれれば内定は近いと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢もない、やりたいこともなりたいものもない。難しいことも考えることもわからん。

という人は

人より苦労しないくせに人よりできることを探すのが良いと思う。

そして、人から求められることならばなお良い思う。

 

これは任天堂の前々社長である岩田社長が遺した言葉で、

詳しくは下記リンク先を見てほしい

www.4gamer.net

この言葉には自分も共感するところがある。

「下手の横好き」という言葉がある。これは、下手なくせにその物事が好きなことを表す。自分も下手の横好きな趣味を持っているがその度に、上位者との差を感じ妥協と諦めを持ちながら楽しんでいる。

 

しかし、会社は利益追求主義であり、基本的に結果主義だ。

成果を出せない人間を雇う必要はなく、その人が熱心に取り組んでいるならばなおさらお互いに辛いだけだ。

だから、他人から求められて他人より苦労せずに他人より上手にできることがあるならばそれを仕事にすると幸せになれるのではと思う。

 

今までの話はいわゆる will can need のフレームワークの話であり、タイトルにやる気がないとあるので一番主体的な willについて詳しく書いた。

もっと詳しく知りたかったら「will can need」などでググってください。

エール

最後に、就活していく中でしんどい時があるだろう。

そんな時、周りの人やネット記事はたまには休もうだとか、パーっと遊ぼうと誘惑してくるかもしれない。

しかし、あなた自身以上にあなたのことを考えている人はほぼおらず、

あなたの職業選択の自由は、あなた自身しか責任を持つことはできない。

 

また、一時的に目の前の問題から逃避しようとも

就活の悩みは就活でしか解決しないし、

将来の不安は将来に向かって前向きに歩くことでしか解消しない。

だから他人に左右されずに自分の心に耳を傾けながらメリハリをつけてほしい。

 

個人的なアドバイスだがエンジンを完全に切ると再始動にエネルギーと時間を使うから、アクセルは踏まなくともクリープ走行のようにゆっくりでいいから一日一日進んでいけると比較的楽だと思う。

 

就職活動頑張ってください。僕も社会人頑張るので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めまして

ブログ始めました。

 

就活をおそらく終えました?

就活の始めに自己分析というのがあるのですが

これ自分には楽勝だと思ってたんですね。

 

内向的な性格だということもあり、

この十数年自己分析をしてきたはずだと。

 

上手にできませんでした。

自分は何がしたいのか、していきたいのか分かりませんでした。

自分は何を重要視して、何のために働くべきか迷いました。

そんなことは度々、自分の頭の中で考えてきたはずなのに

なぜできないのだと考えました。

 

自分の思いや考えを言葉としてアウトプットしていないからだ

そして、その言葉を残していないからだ

 

という考えに至りました。

 

就活は大変です。スケジュール管理、見知らぬ人や環境と積極的に関わること、

自分を良く見せるため自分自身や相手を偽ること、将来の不安に押しつぶされそうになること、業界分析・企業分析,,,etc

 

その中でも自分としてはインプット(情報収集)とアウトプット(ESや面接)を高速かつ的確に回すことが大変だと思いました。

 

言葉として文章化できないことを人は話せません。

少なくとも人に伝わるようには話せません。

 

そのため、このたびアウトプットの練習としてブログを始めました。

就活を経験したのでしばらくは就活についての手記を書いていきたいと思います。